So-net無料ブログ作成
検索選択
普通の旅行 ブログトップ

微笑みの国タイ日記 その2 [普通の旅行]

現地ガイドのナロンさんから解放されて、今日からは終日フリー。

思い通りに行動できる反面、頼れるのは自分たちだけ。何が起きても誰のせいにも出来ないのでちょっと緊張している。やっとタイ旅行が始まったと言う気持ちでホテルを後にした。

今日は手始めにバンコクの中でまだ行ってないところにいくことにした。

自分の中の地図を広げるために歩きで出発することにする。

 

バンコクの朝の風景は、屋台の準備を始める喧騒と、道路を走る車クルマくるま、そしてそれらの騒音を子守唄に道端で寝ている人、犬。静と動が入り混じっている。まだ7時過ぎとは言っても気温は25度以上はあり蒸し暑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カオサン通りは世界的にも有名なバックパッカーの聖地。欧米系を中心に各国のバックパッカーが安宿を求めて集まる場所だ。ただ、以前は単なる安宿街だったが、最近ではしゃれたカフェなんかも沢山でき、地元の若者の人気スポットになっているらしい。と、地球の歩き方に書いてあった。

途中までは徒歩で行ったが、さすがにちょっと遠い。しかも、早くも水にやられて腹は下り気味だ。ワットポーの中にあるトイレに、3バーツ払って個室にこもったあと、その近くからバスに乗っていくことにした。

初めてバスに乗るので多少緊張するが、料金を払って行き先を告げると、親切にもカオサン通りの近くで乗務員が教えてくれた。これは本に書いてあったとおりだ。地球の歩き方使えるな、05~06年版だけど。

タイのバスは、車体の色によって料金が異なる。今回乗った赤バスは一回の乗車で7バーツ、乗ってからちょっとすると車掌が料金を回収に来るというスタイルだ。つまりどこまで乗っても7バーツ。ある意味乗っているだけでバンコク観光が出来てしまう。赤バスが一番安くて、他にも何種類かあるみたい。エアコンが効いてるバスもあるけど、これは日本の地方バスと同じように距離による課金制。まぁ、そうはいっても最後まで乗っても20バーツ強らしいが。安い。

タイに来て3日目で気づいたことは、日本と一律でタイの物価が異なるというわけではないということ。例えば、ビールは日本の半額程度するのに対して、バスの運賃は10分の1以下だ。少し考えればそりゃそうだよ、って思うことだが、このことには少々頭を混乱させられた。また、バンコクを離れて田舎に行くと、物価も多少変わるようだ。

 

 

カオサンでボラレ気味ビールを飲んで、日本人のバックパッカーに話しかけられたり、パチモンの屋台の客引きがやたら強引なのがウザイなと思ったりしたあと、一通りカオサン通りを歩いて腹が減った。ご飯にしよう。

 

その辺の大衆食堂に入って昼飯を食べることにした。

メニューが全く読めない。。。

でもこの辺は欧米人が多いこともあってその辺は配慮がされていた。壁に貼ってあるメニューの写真に番号がふってあって、その番号を選べば注文できる仕組みになっている。二人とも麺類を頼んで食べた。

タイの料理は薄めに味がつけてあって、ナンプラーや唐辛子が漬けられた酢、粉末の唐辛子、砂糖などを加えて自分の好みの味を作り出すようになっている。この店で食べたときはそんなに薄味でもないなと感じたので、少し酸味と辛味を付け足す程度にして食べた。すっぱくて辛い味付けは、オレの好きな味だ。細い麺にスープが程よく絡み、スープをスプーンですくい口に含むとパクチー独特の風味が口いっぱいに広がる。

食べ終わってから嬉しいことがあった。食堂のおばちゃんの息子なのか、食堂の手伝いをしている男の子とコミュニケーションがとれて(もちろんタイ語を話せるわけはないが、適当に。)写真を撮らせてもらえた。

風景を撮る場合、単純に技術が必要なことが多いと思うが人を取る場合は別だ。特に一人の人を撮る場合に、いい写真を撮るためには被写体との間に有機的なコミュニケーションが介在していなければならないと思う。

まぁ、自分の思い込みが90%だとは思うが、、、このときは一瞬でも何かが通じ合えた気がする。いい写真が撮れた。

風景写真は無機物に自分の気持ちを込めて、フィルムに焼付け有機物にする作業だ。しかし人物の写真は、シャッターを切るという作業より前に作品が完成されていなければならない。撮影者と被写体の間に片思いでない、双方向の了解が必要なのである。

 

 

 

午後、オレはあまり気が進まなかったが、地球の歩き方に紹介されていた病院の博物館に行ってみることにした。水頭症胎児のホルマリン漬けや、銃殺死体写真、事故死体写真が並んでいる。ちょっと、いや、かなーり不気味な場所である。はっきり言ってその詳細をここに書く気にはなれない。撮影禁止のマークが書かれていたが、そんなものなくても俺はこれにレンズを向ける気にはならなかったと思う。できれば行かなかったことにしたいくらい、あまりにもリアルだった。

今まで直視するのを避けていた死というものに対して、ムリヤリ頭を向けさせられたような気分だ。あいまいだった死の想像が、急激に現実味を帯びさせられたことに吐き気を覚えたくらいだ。俺がデリケート過ぎるのか。でもまだそんなことは考えたくない。。。

 

 

ワットアルンの近くからチャオプラヤの渡しが出ていることは、昨日のナロンさんとのガイドツアーで使って知っていたので、それを使って再びバンコクの市街側へ。

さらにバスを使って、休憩のためにカオサンへ再び行くことにした。二人とも時計を持ってきていなかったので、それを買うことも兼ねている。時刻は確か16時くらい。徐々に道が混雑し始め、朝カオサンに行ったときの倍はかかったと思う。

何分経っても信号待ちをしているバスの車内で、特にイライラすることもなくむしろ、猛暑の中歩き疲れていたのでちょうどいいくらいに思って乗っていた。

次の信号にも引っかかり、これでまた少し休む時間が増えた。何か面白いものないかなぁ、と思ってレンズ越しにバスの車内とバンコクの市街とを交互に見ると、同じく信号待ちで止まった隣のバスに乗っている男の子と目が合った。

 

 

お母さんが一緒に乗っていたので、カメラを向けるのを少しためらったが、目配せの挨拶し、写真とってもいいかと聞いたら笑顔で応えてくれた。

男の子も最初は恥ずかしがっていたが、お母さんに抱きかかえられると、笑顔でポーズをとって快く応じてくれた。

 

正直、タイに来る前に読んでいた色んな旅行誌では、タイは随分物騒なところだという印象を持っていた。

確かに日本と比べれば、事前の印象とそう差異はないかなという実感を、この前日2日間で持っていた。しかし、では東京で今と同じような状況があったとき、見知らぬ外国人に対して、日本人は被写体になることを笑顔で承知するだろうか。

日本には、まだタイが獲得していないハイテクで便利なものが沢山あるだろう。しかし、逆にタイには日本が失ったものをまだ持っているという見方をすることもまたできる。日本が失ったものは、タイがこれから獲得するものよりももしかしたら取り戻すのが困難なものかもしれない。

信号が青に変わり、男の子を乗せたバスが交差点を右に曲がっていくのを笑顔で手を振りながら見送りながら、オレはそんなことを考えていた。

 

男の子は、こっちの姿が見えなくなるまで、身を乗り出し体全体でバイバイの手を振っていた。

 

 


nice!(18)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

微笑みの国タイ日記 その1 [普通の旅行]

 

3月7日から、13日までの一週間、

学部時代の友達をけしかけて、タイに旅行に行って来ました。

友達は卒業旅行、俺は中退記念旅行。ウソ。就職祝い旅行ってことで。

実はこれが初めての海外旅行。国内は自転車で行きまくったのでもうおなかがいっぱいな気もします。

ずっと前から海外に出たいと思ってはいたけど、生来のシャイな性格も手伝って、一度も外に出ることができなかった箱入り息子なのです。あと、英語もかなり稚拙なので、そのことも海外への出不精に一役かっていたのかもしれません。

 

 

 

行きの飛行機の出発時刻が17時30分。バンコクまでの所要時間は約6時間なので、行った日は何もできず、ホテルに着いたら次の日の観光に備えて即寝ました。

 

 

 

 

チャオプラヤ川越しに見たワットアルン。ワットとは寺院のことらしいです。

二日目はタイの雰囲気にサクッと慣れるためにガイドツアーにしていました。ガイドのナロンさんに連れられて、バンコク市内にある史跡を中心に回ってきました。

ちなみにナロンさん、日本語話せますがかなりあやしい。

ナロンさんの相手は友達に任せることにして、俺は写真を撮ろう。

 

俺は読んだことないですが、このワットアルンは三島由紀夫の「暁の寺」のモデルになっているそうです。どんな内容だか知ってる人いますか??

日本に帰ったら読んでみようかと思いましたが、19日現在、もちろん手元にそんな本はありません。。。

 

 

渡し舟を使って向こう岸に渡り、ワットアルンをもっと間近で見学。

チャオプラヤ川にはもちろん橋がいくつも架かっていますが、今回使ったような渡し舟もいまだに健在。あちこちに渡し舟の桟橋があります。料金は3バーツ、日本円にして約10円でした。

特に出航時刻が決まっているわけではなくて、客が船に乗り切ったら出発するという具合。なんともアナログで、いい感じじゃないですか。

向こう岸までは約3分で到着。もうちょっと乗っていたいですが、しょうがないですね。

ワットアルンに限らず、どんな寺院も大抵は入場料がかかります。

ワットアルンの場合は20バーツ。70円くらいかな。

ちなみに10000円をバーツに両替すると2940バーツになります。

だいたい3バーツが10円くらい。

両替をする場所にもよるけど、現地の銀行で両替をするのが一番レートが良くて、上記のレートくらい。成田で両替をすると2400バーツにしかならない。

あと、ホテルでも一応両替ができるけど、こちらもあんまりレートが良くなくて、今回泊まったホテルでは10000円が2600バーツくらいだった。

成田で両替するのと、現地で両替するのとでは500バーツ以上差があるけど、これは結構大きな差だと思う。

バンコクで一番安い赤バスに乗ると、1乗車どこまで行っても7バーツ。長距離バスで2時間ほどかかるアユタヤーまでだって50バーツだ。安い飯だったら15バーツで麺類が食べられるし、chang Beerだったら23バーツで飲める。

日本の物価と一律に安いというわけではないので、物によっては大して変わらないものもあったり、ものすごく割安感のあるものもあったりと様々だが、タイの法定最低賃金の日給が200バーツ弱らしいので、500バーツの差がでかい差だということがわかると思う。

 

そんなことも知らないで、成田で10000円を両替してしまった俺はおバカさんだったというわけですよ。。。

 

 

日本の各地の歴史建造物を見て回ったときもそうでしたが、タイの例外ではなく、大概の寺院では常に修復作業が行われているみたいです。

この日もワットアルンでは、麦わら帽子に目出し帽のようにタオルを巻いた修復士が最高気温36℃にもなる猛暑の中、もくもくと作業を続けていました。

タイには日本のような四季は無く、雨季と乾季があるだけ。

赤道に程近いので、一年中暑いことには変わりありませんが、2月から3月下旬にかけて乾季から雨季に変わるこの時期が1年のうちでもっとも暑い時期らしいです。

バンコクの道端では野良犬だか飼い犬だかわからないようなやつをたくさん見かけましたが、暑さのためか、日本の犬よりかなりやる気の無い感じで地面に横たわっていました。

 

 

ワットポーには、何メートルだか忘れましたが、やたら大きな涅槃像が横たわっていました。

足の裏はまっ平らで土踏まずがありません。なんでも平らな足の裏は、徳の高い人間のしるしなんだとか。

そういえば、イチローとか松井の足の裏はメチャメチャ鍛えた結果、土踏まずが無くなって平らになっているということを聞いたことがあります。彼らもいつの間にか悟りを開いていたんですね(ほんとか?)

この涅槃像の足の裏は平らなだけではなく、宇宙を表す曼陀羅が描かれていました。

 

背中側に回ると、寄付を入れるための瓶が無数においてあります。

タイでは、寄付をすることで自分自身の徳を高めることにつながる、というような考え方があるんだとか。なかなか便利な考え方ではありますが、俺もだまされたと思って寄付をしてみました。ここでは20バーツ紙幣をまず寄付して、25サタン硬貨(100サタン=1バーツ)を80枚もらい、その25バーツ硬貨を順に瓶に入れていきます。

一枚一枚入れるごとにチャリンと硬貨が音を立てて瓶に吸い込まれていきます。大勢の人が同じように硬貨を入れるので、涅槃像の背中側からは絶えず硬貨が瓶に当たる金属音が鳴り響き、独特の空気を作り上げていました。

硬貨を瓶に一枚ずつ入れていくという単純作業は、日本で言えば南無阿弥陀仏を何遍も唱えているような気持ちに似ているのかも。チリン、チリン、という音ともに、少しずつ自分が、大げさに言えば無になるような、そこに溶け出して一体化してしまうような、そんな不思議な感覚を覚えました。

 

 

 

ワットポーの次は王宮へ。

王宮にはハーパンやサンダルで入ることはできません。

暑くて暑くてしんどいですが、そこは堪えて長いのを履いて入ってきました。

タイでは国王が大変尊敬されています。その尊敬度は、すべての紙幣、すべての硬貨に国王の肖像が印刷されているほど。そのおかげでお札の区別がつきにくくてちょっとめんどいんですけどね、、、それでもオッケーなくらい尊敬されてるって事なんですかね。

今の国王はラマ9世、ご存知プミポン国王ですが、特にラマ5世(チュラロンコーン国王)は大変国民からの尊敬を集めていたようで、タイ最高学府チュラロンコーン大学を始め、様々なところに名前を残しているようです。

安部総理にはなかなか難しいことかもしれませんね。

 

 

一日の締めはやはりビール。

タイではこのシンハービールがもっとも一般的、、、と言われたのはつい最近までで、最近はハイネケンやChangビール、タイガービールなんていうビールも人気が出てきているようです。

今日はとりあえずシンハーで締めてみました。

 

 


nice!(18)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

行ってきますm(_ _)m [普通の旅行]

お久しぶりです。

 

今日から一週間、友達と一緒にタイのバンコクに旅行に行ってきます(^ ^)

 

今日の17時半出発の直行便で行くんですけどね、、、

 

まだ荷物を作り終えてないんですよ(- -;)

 

自転車旅行のときとおんなじですね…。

 

帰ってきたらまた報告しに来ますね~~ ^)/


nice!(13)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

☆伊豆旅行☆ [普通の旅行]

こんにちは、すっかり不定期ブログになったkozy-diaryです。

不定期になってしまったのは、ネタになりそうなことが起こらない毎日を過ごしてるからなんじゃなかろうか、と最近になってやっと気がつきました。

 

そこで!!

と言うわけではないんですが、先日の三連休の土日に彼女を連れて伊豆に小旅行に行ってきました。

自転車旅の前半戦のハイライトを彼女を連れてドライブしてしまおう&ついでに実家に寄って彼女を紹介してしまおう!!

という企画です。

http://blog.so-net.ne.jp/kozy-diary/2006-10-08

http://blog.so-net.ne.jp/kozy-diary/2006-10-07-1

道程は自転車で通ったのと全く一緒。

詳しくは↑のURLをご覧ください。

 

登場人物はオレと、

 

 

 

彼女です。

 

このブログ、私の父、母、さらに彼女のママも欠かさずチェックしているので、実は記事を書くときに余計なことを書かないように、自分以外の人間の顔出しを制限するように、と意外と気を使って書いています。

普段、親とそんなに頻繁に連絡を取り合ったりしないのに、ブログを書いたときに限って「誤字があった」とか「なんだ生きてたのか」とか電話してきたりします。

記事を書いてるとき、親が見ることを意識しないで書いていたりすると、「なんであなたがそんなこと知ってるんですか!?」

てな事もたまにあったりなかったり。

 

 

 

 

 

天気に恵まれるかどうかが直前まで怪しかったのですが、電車で伊豆半島を南下するにしたがってどんどん雲が切れていって、車で西伊豆に出発するころには雲ひとつない快晴に!!

 

余談ですが、東京から電車で伊豆に行くときって、東海道線を使うより小田急で小田原まで出てしまうほうが1000円もお得なんですね…

今までずっと東海道線を使ってました(^ ^A

 

 

 

 

ず~~っと海岸線を走らせて戸田まで。

自転車旅のときに立ち寄って、昼ごはんを食べたお店でまたもや昼ごはん。

この「光徳丸」は結構有名で、でぶやを始め色んなテレビ番組で紹介されてます。タカアシガニが有名なんですよね。

 

 

でも注文したのはもろエビ天丼でしたが(^ ^A

タカアシガニは高すぎて手が出ません!!社会人になって稼ぐようになったらまた食べに来たいですね(^ ^)

おあいそのとき先に並んでる人、すごかったんですよ、、、

「お会計90000円になりま~す」

だって(^ ^A

どれだけ食べればそんな額になるんだ・・・orz

 

 

 

お昼のあとは恋人岬に行ってきました。

前回は人の目を気にして、ハーパンの下から汚い足を見せながら階段を下りて行ったけど、今回は堂々とネ!!

三回鳴らすと幸せになれる系の鐘がありますが一人で来たときには鳴らしていません。やっぱ、ほら、あれですよ、こういうのは恋人と二人じゃなくっちゃ☆

 

 

・・・・・・・・・・・・ん??

まぁ、結婚するとかしないとか、そういうことは置いといて。。。

 

菜の花も咲き乱れていることですし(^ ^)

 

 

 

 

4ヶ月越しにやってきた恋人岬の金の鐘。

ようやく二人で鳴らすことが出来ました(^ ^)グヘヘ

周りはカップルだらけ、、、ちょっと恥ずかしかったんですが、二人だけの世界に入ってしまえばね、、、なんつっ亭!!(nyanさんのパクリ)

 

 

夕陽も自転車旅のときと同じ場所で。。。

てか、風がやったら強くて、吹き飛ばされないで立ってるのがやっとって感じ。

こんなに斜めになってちょうどいい感じ。夕陽を楽しむどころじゃない!!(^ ^)

 

 

 

 

伊豆旅行2日目。。。

特に何もやること考えてなくて、とりあえず母の車を借りて、自分が育った町を案内する感じでドライブ。

南伊豆の方にある弓ヶ浜までやってきました。

 

(※kozyと彼女ではありません)

(※kozyと彼女ではありません)

(※kozyと彼女ではありません)

皆さんは盗撮とかしちゃだめですよ☆

 


nice!(21)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行 4日目 (8/9) [普通の旅行]

四日目の朝は早かった。。。

 

それは函館朝市で海鮮丼を食べるため(^ ^)

 

 

 

市場の人たちは早朝なのにやたらテンションが高い!!

一店一店、客引きされないことなんてまずない。

しかもなんと

タダでカニを食べさせてくれたり、

メロンを食べさせてくれたりする。はっきり言ってヤバイです(^ ^)

向こうは毎日そんなことをやってるもんだから、口がやたらうまいっていうのも

またヤバイ。。。

なかなか断るスキを与えてくれないし、、、

 

やっとの思いでお目当てのお店に到着、早速海鮮丼を注文しました。

うひょ~!!!

さすが北海道!さすが函館!って感じですね!!

早朝でまだ胃のテンションはあがってくれないけど、

気持ちだけはかな~り盛り上がってます。。。

食べ物を残すなんてkozyのポリシーに反するので

もちろん一粒残らず食べてやりました^ ^

 

 

そしてこれだけじゃ足りない!!!

函館限定のハンバーガー屋さん、

ラッキーピエロで、去年も食べたフトッチョバーガーを

ハニーに見せてあげることにしました。

 

このハンバーガー、まず受けるのが

そのオーダーの入れ方。。。

 

「ワンフトッチョ入りま~す!!!」

 

ってなんだ。。。!?(^ ^A  …でもなんかいい感じだ。。。

 

 

バンズ

レタス

目玉焼き

ビーフパテ

コロッケ

チーズ

バンズ

 

 

懐かしくて涙出そうになります。

 

 

このハンバーガー、ナイフとフォークで食べます。

でぶやのイシちゃんだけはこれにがっついてましたが、、、

絶対無理!!

 

海鮮丼のあとってことで

ちょいときつかったけど、

 

無事完食!!!

 

自転車現役時代からすると相当胃袋が縮小していることを実感…。

 

 

21時半の飛行機に乗るため、早めに函館を出て、

最後は室蘭の地球岬へ行ってきました。

 

 

 

去年はココ、地球岬の歌が流れてたんだけどな~、、、

今年は流れてませんでした、残念。

 

でもわりとよく晴れていたので地球の丸さだけは実感することが出来ました^ ^

 

 


~旅の感想~

去年は自転車で、今年は飛行機&レンタカーで北海道に行ってきましたが、

移動手段が違うだけでここまで感じることが違うのか、ということを感じました。

風景がまったく違って見えます。同じアングル、同じ構図で風景を切り取っても

何か違う写真だな、っていうのを感じる。

自転車での旅っていうのは、移動距離もぜんぜんないし、冷房なんて効いてないし、

すごく不便なんですけど、それでもこっちのほうがオレの冒険心、好奇心を満たしてくれる。

本当は旅っていうのは歩きとか、自転車とか、人力でやらなきゃいけないものなんじゃないかなぁ、って思います。

車とか飛行機とかがんがん使っちゃうと東京にいながら北海道の自然を通販で買ってる、っていう気持ちに、ちょっとなってしまう(^ ^A

まぁ、車がいけないなんてことはもちろん全然ないです。

車で行くなら、車で行く利点を最大限に生かした旅行をすればいいわけで。。。

今度また北海道に行くとしてもやはり飛行機&車でしょう^ ^

でも皆さんも、金もない、彼女もいない、仕事もない、

時間とアツイ気持ちだけがある!!!っていう状態になったのなら、、、

ぜひ自転車で旅に出てしまうことを、オススメします。。。


nice!(21)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行3日目 (8/8) [普通の旅行]

マイハニーとの3泊4日の北海道旅行もいよいよ3日目。

 

この日は、札幌から函館まで行ってしまう、

 

なかなかハードな一日でした。

 

 

ホテルを出てまず行ったのは、

 

クラーク像か、モアイ像か、悩んだんですが、、、

 

 

 

やっぱり、モアイにしときました(^ ^)

 

だって、こっちの方がインパクトあるじゃないですか!!

 

ん~~、デカイ!!

 

ジャイコ!!?

 

こんなの去年あったか!?

 

 

不謹慎かなと思って写真は撮らなかったのですが、

車で奥まで行ってみたら、ちゃんと霊園になっていました。。。

いったいどんな人がここにお墓を作るんでしょうね。。。

 

その人たちが納めたお金を使って、モアイ作ってるんでしょ!?

 

もし税金でこんなもの作ってたら、、、

 

作れるわけないか(^ ^A

 

 

 

 

モアイ見たあとは、

 

支笏湖で白鳥ボートに乗りました~♪

 

↑白鳥ボート初体験。なかなか進まないもんです。。。

 

ボートから見る支笏湖はまた違ったおもむき。

 

ネス湖にネッシー伝説があるように、

 

屈斜路湖にクッシー伝説があるように、

 

支笏湖にはシッシー伝説とかないのかな。。。ネーミングに無理があるか。

 

 

 

←ゾウさん。ちょっと痛い。

 

 

 

 

森っていうところの道の駅で買ったイカ飯。。。

甘辛く炊いたイカ飯、アッツアツでうまいっす(^ ^)

 

 

 

函館に着いてホテルに荷物を置いた後、

 

去年散歩して歩いたところを、

 

彼女さんに説明して周りました。

 

これはチャーミーグリーンのCMで使われた、

 

チャーミーグリーン坂。ほんとは八幡坂って言いますが。

 

ハリストス正教会。

 

函館は、和風の建物と西洋風の建物が混在していて

 

なんだかそのミスマッチがいい感じですね(^ ^)

 

函館山から。。。

 

夜景撮ったんですが、ブレブレでした(^ ^A

 

ということで、月がきれいだったんで、そっちを載せました。。。

 

ああ、悔やまれる!!!

 

 


nice!(24)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行 二日目 [普通の旅行]

二日目の朝、旭川のホテルを出て、

 

去年、自転車で行くのをサクッと忘れていた

 

層雲峡に行ってきました。。。

 

 

 

 

途中、彼女がこの日、翌日のホテルの引換券を旭川のホテルに忘れてくる

 

というトラブルもありましたが、無事に層雲峡に到着。。。

 

だらだらと坂道が続いてるので、ここまでチャリンコで来るのは

 

結構きついかも(^ ^A

 

雲が多かったのでなんだか、ちょっと幻想的…

 

 

「ふう、いいとこだね。

夏なのにわりと涼しいし。」

 

 

「そうね、結構すずしいわね。それになんだか素敵なところね。

連れてきてくれてありがとう・・・。」

 

 

 

 

 

・・・なんてやりとりが、あったりなかったり。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・はい。特に意味はないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右が流星の滝。

 

左が銀河の滝。

 

来る前に写真で何度も見たけど、

 

実際に見るとやっぱり迫力がちが~~う!!!

 

マイナスイオン出まくりって感じ!!

 

 

 

 

それにしてもなんだかトンボが多かったな、ココは。。。

 

 

 

お昼、、、とりあえず入ったお店の豚丼

 

でも、ちゃんと炭火で焼いてるし、

 

重箱に入ってきたので、すごい感動!!

 

帯広が有名なんですけどね、ホントは。

 

でもラッキーでした(^ ^)v  うまかった!!

 

 

 

去年来たとき、

 

次は絶対彼女と来て、

 

ひまわりの迷路で追いかけっこをしようと決めていた

 

北竜町のひまわり畑

 

 

 

今年もきれいに、

 

咲いていてくれました(^ ^)

 

 

 

 

何でいるのか、「?」だったこの子も達者にやっていたようです(^ ^A

 

 

 

 

 

運転に疲れて、ちょっと休憩。

 

札幌までは、あと30kmくらいのところかな??

 

 

 

 

 

 夕飯にジンギスカンを食べた後、

 

どどーんとビアガーデンになっている札幌大通公園

 

繰り出しました。

 

そのときの写真。

 

 

 

腹いっぱいだったけど、

 

去年素通りしてしまったので、

 

ジョッキ一杯!!!

 

リベンジ達成!!!!


nice!(18)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行 一日目 [普通の旅行]

去年は自転車で行った北海道

 

いろんなところを見て回りましたが、そのとき感じたのは、

 

観光名所はカップルと家族連れがやたら多くて、

 

一人で旅してるとなんだかとっても悲しいということ…

 

 

しかし、今年は彼女付きです(^ ^)

去年行けなかったところに行き、食べられなかったものを食べる旅になりました

 

 

実は飛行機に乗るのが初めてだったkozy。

しかもポケモン飛行機に乗ることになって大興奮です 。

 

離発着のとき、めちゃめちゃこわいんですね(^ ^A

落ちないとは思ってても、落ちたら全員死ぬんだろうなぁとか思ってしまう…。

最近テロの話とかもよく聞くし。

 

 

 しかもはや~~い!!!!

羽田~新千歳空港間を1時間半でですって!!!?

人間ってすごいなぁ、

自転車で行くと2週間かかるっていうのにね(^ ^A

 

 

 

この日は空港着いたらすぐレンタカー借りて、富良野~美瑛へ行きました。

懐かしさに目頭があつくなり、景色がにじみます(うそ) 

 

 

富良野のファーム富田。

去年はここに着く前の日、タイヤがパンクして大変だったっけなぁ…

 

 

で、ここに来たらこれを食べとかなきゃいかんでしょ、ラベンダーソフト 

正直、味は微妙なんですけどね~。

 

 

それから、去年は一個1000円の出費はでかすぎるということでスルーした

食べ物を食べることができました(^ ^) 

 

ポプラファームのサンタのひげ!!!

おそらくメロンがサンタでソフトクリームがひげなのでしょう。

 

この食べ物、ムサい男が一人で食べるのはちょっとはばかれる感じがします。

去年チャレンジしなかったのはそういう意味もあるのかも…

 

味はともかくインパクトがすごい!!! 

 

ファーム富田から出れば看板が出てるので、

そのとおりに進んでいけば出会えます、オススメですよん

情報誌とかにはあんまり載ってないんですが、なんででしょうね。 

ん~!んまかった(^ ^)

 

 

 

美瑛の風景はホントお気に入りです!!!

ケンとメリーの木もいいし…

 

 

 

マイルドセブンの丘も捨てがたいですなぁ。

 

 

 

でもやっぱり今回の美瑛は

親子の木が一番よかったかな!!


nice!(27)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
普通の旅行 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。